呼びかけ人紹介

まちに大人も子どもも隔てない場、子どものいる人もいない人も隔てなく集まれる場があるといいね、という思いを「まちのおやこテーブル」のカタチにして、組織と場の運営をしているメンバーです。この指とまれ!と呼びかける人という意味で「呼びかけ人」です。

ヨーコ(小林 洋子)

IMG_9139

yoko

【プロフィール】
任意団体 まちおやこテーブル代表、ぶんハピねっとリポーター、コンサルティング会社勤務

米マサチューセッツ工科大学大学院にて都市計画を学ぶ。世界中から集まった学生が出身国・出身地域を良くしようとする真剣さに触れ、社会的インパクトがありながら地域に根差した事業を行いたいという思いを抱く。卒業後、外資系会計事務所にて国際税務アドバイザー。2006年からコンサルティング会社にて中央省庁や地方自治体の健康作りや医療連携、マイナンバー、地方創生などの政策支援やIT活用について、調査やコンサルティング、実証事業支援、委員会・研究会運営に従事している。書籍出版経験あり(共著2冊)。

子育て、家事、仕事に追われてヘトヘト、ママ友や近所の人と知り合う心の余裕がない日々を育児休業中に振り返り、共働き時代に仕事と子育てを両立するには地域コミュニティが重要と実感。子育てしながら自分らしく働く社会の実現に向けた地域コミュニティ形成を目指し、会社勤めと子育ての傍ら、「まちのおやこテーブル」の呼びかけ人として活動を開始。2015年7月に任意団体を設立。子育て情報サイト「ぶんハピねっと」にライターとして参加している。「まちのおやこテーブル」や「ぶんハピねっと」の取材を通じて、地域で活躍している人や事業者、団体との出会いを楽しんでいる。第2期ボランティア活動センターこくぶんじ運営委員会委員(2016/4-2018/3)

【役割】
団体の全体運営や事務局を担当。企画を思いつき、スキルがある人、チカラがある人に活躍してもらうことで、実現までこぎつけることが得意。

深津 高子

深津高子-profile

takako

【プロフィール】
国際モンテッソーリ協会(AMI)公認教師、同協会元理事 一般社団法人AMI友の会NIPPON副理事長、ピースボート「子どもの家」アドバイザー。‘80年代、インドシナ難民流出をきっかけに東北タイに居を移し、難民キャンプで救援ボランティアを始める。近隣国から逃げて来た難民に食料や物資配給をするうちに、される側の依存度を高めてしまうような海外援助の在り方に疑問を感じ始める。「魚を与えるより、魚釣りの方法を教えたい」と多様な援助を模索中、キャンプ内の保育園で「平和は子どもから始まる」というモンテッソーリ教育哲学に出会う。帰国後、モンテッソーリ教育の勉強を始め、東京府中市にあるモンテッソーリ園で10年以上勤務後、フリーの保育アドバイザーになる。現在は、全国の保育園・幼稚園でコンサルタント、及び保護者や職員向けの講演会、国営公園内での親子自然教室、教師養成コース通訳・翻訳をしながら、モンテッソーリ教育の精神を広めている。大阪生まれ。NY育ち。東京国分寺在住。

まちのおやこテーブル参加者からの希望がきっかけで、モンテッソーリ教育を知らないけれど聞いみたい、家で実践したい方を対象にしたお話会「モンテッソーリ@home」を毎月国分寺のカフェスロー2階で開催している。

【役割】
発達年齢に応じた玩具・お手伝い選び、また子どもが元に戻したくなる環境作りを担当。手伝い過ぎる大人、やりっぱなしで片付けない子どもには、やさしく注意する係。

小笠原 光子

IMG_9093

mitsuko

【プロフィール】
カフェLacuna店長。ジュニア野菜ソムリエ
地場の旬の食材を使い季節感を大切にした週替わりメニューが人気。
楽しいこと、食べることが好きな3人の子どもを持つ母親でもあり、子連れで来店しやすい店づくりやイベント開催などをしている。

【役割】
メニューや調理考案を担当。カフェのお客様の様子等から参加者の気持ちに寄り添うことが得意。

小坂 昌代

プロフィール-小坂さん

masayo

【プロフィール】
会社勤務、子育てをする傍ら、まちのおやこテーブルの企画運営のほか、保育園でのお話会のボランティアや子育て情報サイト「ぶんハピねっと」のライター、公園での青空お話会の企画等の活動をしている。

【役割】
絵本の読み聞かせを担当。地域の人・情報をまちのおやこテーブルとつなぐことが得意。